2007年12月21日

本当は。

人気で順位つけるのも変な話。
子供に恵まれて最初の大きなプレゼント、名前。
流行云々に惑わされず、心を込めて考えてあげたいものですが。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071220-00000112-jij-soci

明治安田生命保険は20日、
2007年に生まれた赤ちゃんの名前の人気ランキングを発表した。
男の子は「大翔(主な読みは、ひろと、はると)」が
昨年の2位から2年ぶりの首位に、
女の子は「葵(あおい)」が、
昨年の5位から5年ぶりのトップになった。


うちの子たちは、ふたりとも「大」がついてます。
お兄ちゃんは前につけて「ひろ」と読ませ
チビさんは後ろにつけてそのまま「だい」と読みます。
器のおっきな男になって欲しいとの願いがこめられてますが
果たしてその効果はいかに?



私自身、絶対に読めない名前を親につけてもらいました。
小さい頃は読めないせいでよくいじめられたもんです。
あ、いじめと言っても悪質なもんではなく、からかいの対象ね。
でも大人になってから、特にお勤めで外回りの営業してた頃は
その名前が大きな武器でした。
名刺交換したときのインパクトもそうだし、
初対面でも話題に困らず「つかみはオッケー」状態。

結婚して苗字まで珍しいものになってからは益々効果絶大。
まるでお茶かお花のお師匠さんか芸名かってかんじで。

ええ、もちろん気に入ってますよ、自分の名前。
posted by 万葉 at 13:15| Comment(0) | TrackBack(0) | News | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/73896599

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。